本文へ移動

ニュース

新・ニュース

ダブルナンバー制と関釜フェリー

2012-07-04
7月4日水曜日、新聞紙上に嬉しいニュースが載っていました。
それは、日本と韓国を結ぶ関釜フェリーを利用して、貨物トレーラーが直接乗り入れし、相互の公道を走ることができるという内容だった。
私の住んでいる下関市細江町は、関釜フェリーの発着点のすぐ傍で、朝早くから港へ向けてトレーラーの往来も賑やかだ。
今は、日本と韓国で、それぞれのトレーラーを使用するため、フェリーへは、貨物専用の台車に載せ替える手間が必要になっているが、直接乗り入れとなるとその手間もなく、かなりスムーズになることが期待できる。直接乗り入れするためには、貨物トレーラーに「ダブルナンバー制」を採用する必要があり、国としても認める必要があった。これからの実証実験がうまくいくことに期待したい。
また一歩韓国、釜山との交流が深まることへの期待も大きい。下関港の商港としての発展にも期待大。
曽田さとし事務所
曽田さとし事務所
〒754-0002
山口県山口市小郡下郷新丁1483
TEL:083-941-6644 
FAX:083-941-6646
 
 

■山口県議会議員
TOPへ戻る