本文へ移動

ニュース

新・ニュース

山口県として、防衛省・外務省に抗議と要請

2012-07-25
オスプレイを積んだグリーンリッジ
暗闇を狙って開聞海峡を通過か?
7月25日水曜日、二井関成山口県知事と柳居俊学県議会議長は、防衛省・外務省に森本防衛大臣、玄葉外務大臣を訪ね、岩国基地へのオスプレイ陸揚げについて抗議及び要請を行いました。
 
二井知事:これまで、安全性が確認されるま前の陸揚げ等を行わないよう、再三にわたり要請しており、大臣等からは「重く受け止める」との回答をいただいていたにもかかわらず、強行されたことはたいへんしんがいであり、厳重に抗議する。
柳居議長:山口県は、これまで防衛政策に協力し、国との信頼関係も築いてきたが、このようなことが続くと、信頼関係が崩れるのではないかと心配している。
 
森本防衛大臣:本日、防衛省内に分析評価チームを設置し、モロッコ、フロリダの2つの事故の原因究明と安全性の確認を行う。
玄葉外務大臣:なんとか安全保障と安全性の確保を両立しなければいけないと考えており、オスプレイの運用開始後の安全対策について米側と話し合うため、明日、日米合同委員会を開催することとなった。
 
との報告がありました。
 
そこで、山口県としては、以前からオスプレイに対して安全性を疑問視する表明をし、要請もしてきています。今日の抗議、要請を受けて、分析評価チーム、日米合同委員会を設置するのは、遅いと言わざるを得ない。現政府は、国民の声を真摯に受け止める姿勢が欠けている。
 
 
 
曽田さとし事務所
曽田さとし事務所
〒754-0002
山口県山口市小郡下郷新丁1483
TEL:083-941-6644 
FAX:083-941-6646
 
 

■山口県議会議員
TOPへ戻る