本文へ移動

日々の活動

活動報告

災害ボランティアで、広島県坂町小屋浦地区へ

2018-08-17
土砂かき出しの合間に
休憩時間、災害現場を見て
坂町ボランティアセンターの前で
坂町ボランティアセンターの前で
ボラセンで説明を
ボラセンで説明を聞く参加者
現場へ向かうボランティア
小屋浦地区の現場へ向かうボランティア
災害ボランティアの人手不足で復旧が進まない、坂町小屋浦地区へボランティアとして行ってきました。
早朝より下関を出発し一路、坂町ボランティアセンターまで約3時間。ボランティアセンターには、人手不足を聞きつけ、盆休みを利用して全国各地からボランティアの方々が集まっていました。
被災地を目の当たりにして感じたことは、川筋一つ隔てた場所の明暗。家があった場所に家がない、また、多くの土砂が流れ込み一階部分が見えない家。対照的にこの地区でこのような土砂災害があったのか?と思わせるように被害を受けていない家がそこにある事実。いち早くこの度の災害の原因究明をしていかなければ、今後同じ事が続く思いました。
曽田さとし事務所
〒751-0873
山口県下関市秋根西町2-7-2
はやし住宅ビル1F
TEL:080-9804-8029 
FAX:093-330-4131
(モバイルファックス)
 

■山口県議会議員
TOPへ戻る