本文へ移動

日々の活動

活動報告

農林水産委員会県外視察・続報

2011-09-26
衛生管理の行届いた魚津漁港市場
ヘアーキャップをかぶって説明を
白米の千枚田の前で
9月26日月曜日、農林水産委員会県外視察の続きを報告します。
9月20日火曜日、富山の魚津漁協に高度衛生管理型市場を視察しました。食の安全・安心を徹底追及し消費者目線で市場の運営管理をしておられることに感動しました。当初考えられないほどの反響があり、今でも視察が絶えない、また魚価のアップにもつながっているとのこと。下関漁港にも是非取り入れてまいりたい。付加価値を消費者に認めてもらう取り組みが必要。
9月21日水曜日、石川県の株式会社スギヨに元祖カニかまについて学びました。今ではカニかまだけではなく総合煉り製品のメーカーに発展。下関にも流通加工センターがあり、今後ますますの発展を期待します。次に北陸電力七尾大田火力発電所に木質バイオマス石炭混焼について視察しました。山口県でも平成17年より中国電力の小野田火力発電所で木質バイオマス石炭混焼発電を行っていますが、他県の研究成果を相互に共有し合う仕組みを作って今後のエネルギーを作っていただきたい。そして台風が迫る中、白米町の千枚田を視察しましたが、大雨のため近くまで行けなかったのが残念。
9月22日木曜日、輪島の朝市を視察しましたが、台風の余波の大雨のため人通りも少なく店もいつもの十分の一程度と少なく日本三大朝市の感じがつかめなかったのが本音です。朝市の組合長の話の中で、若者への継承が課題、そして行政から補助金なしで頑張っていることをお聞きしました。行政からの支援を受けずにできるのであれば、自由度が増し今まで通りの伝統を維持しながらできると思います。
以上 県外視察報告でした。
曽田さとし事務所
曽田さとし事務所
〒754-0002
山口県山口市小郡下郷新丁1483
TEL:083-941-6644 
FAX:083-941-6646
 
 

■山口県議会議員
TOPへ戻る