本文へ移動

日々の活動

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

救急安心センターさっぽろを視察。

2017-07-20
札幌消防局にてレクを受ける
現場を視察、臨場感が伝わります。
センターの入り口で
7月20日 公明党山口県議団は、札幌市消防局を訪ね、「救急安心センターさっぽろ」を現場視察。
 

同センターは、救急医療相談に看護師が24時間・365日対応する、電話による相談窓口、サービス対応地域:札幌市、石狩市、新篠津村、栗山町、島牧村と周辺地域を巻き込みながら運営されています。

また、同センターの特徴は、札幌という土地柄、たくさんの外国人観光客にも対応するため、英語、中国語、ハングル、タイ語、マレー語、ロシア語の7つの言語でも相談できます。

山口県としても同センターの取組を参考とさせていただき、制度の導入を政策提案してまいります。

受動喫煙防止条例、市町での対応は?

2017-07-19
美唄市役所にて①
美唄市役所にて②
美唄市役所前にて
7月19日 公明党山口県議団は、一路、北海道美唄市へ
 
美唄市が、取組む「受動喫煙防止条例」を調査するために市の担当者より、直接説明を受けました。
 
美唄市では、タバコの煙による健康被害から皆さまの健康を守り、快適な生活を維持できるよう、平成27年12月に「美唄市受動喫煙防止条例」を制定し、平成28年7月から施行されました。
 
美唄市では、喫煙する権利を奪うものではなく、受動喫煙しない、させないための取組を推進しています。
 
公明党山口県議団としても、昨日の兵庫県と合わせ、美唄市の取組も参考に対策を講じてまいりたい。
 
 

受動喫煙防止対策で、兵庫県の取組を視察

2017-07-18
兵庫県の受動喫煙防止条例の説明を受ける
兵庫県議会堂の前にて
7月18日 公明党山口県議団は、受動喫煙防止対策の条例制定など、先進的な取り組みを推進している兵庫県を視察。
 
兵庫県では、平成25年4月に「受動喫煙の防止等に関する条例」を施行し、受動喫煙を防止し、県民の健康で快適な生活の維持を図るため、受動喫煙対策に取り組んでいます。
 
平成26年4月には民間商業施設等に全面適用されたことに伴い、受動喫煙による健康への悪影響や条例内容を更に周知するとともに、受動喫煙対策を講じる施設管理者の取組を財政面・広報面から支援しています。
 
公明党山口県議団としても、兵庫県の条例制定に至る取り組みを参考に、山口県内での受動喫煙防止対策に取組んでまいります。
 

#7119で、奈良県の先行事例を視察

2017-07-18
#7119についてレクを受ける1
#7119についてレクを受ける2
7月18日、公明党山口県議団は、奈良県の「#7119救急相談センター」の取り組みについて視察しました。
 

平成29年4月1日現在、奈良県をはじめ、全国7地域で実施されております。

 

#7119とは、住民が急なけがや病気をした際に救急車を呼ぶか、いますぐ病院に行った方が良いのかなど判断に迷った場合に専門家から電話でアドバイスを受けることができる窓口です。

 

公明党山口県議団としては、山口県内において#8000の24時間対応に続いて、この#7119の事業化に向けて、政策提案してまいります。

タンデム自転車って、知っちょる?

2017-07-10
実車して
公明党県議団で記念撮影を
説明を受ける議員団
 7月10日 山口県社会福祉会館の1階にレンタル用として置いてあるタンデム自転車を視察に。
 初めて見るタンデム自転車に興味津々、実際に乗ってみましたが、思ったより乗り難かった。
 前方に乗る方の声掛けがないと、後方に乗っているどこに向かうのか?停車するのか?
  県としてもタンデム自転車をはじめ、自転車が安全に走れる環境づくりが求められます。
 
曽田さとし事務所
〒751-0873
山口県下関市秋根西町2-7-2
はやし住宅ビル1F
TEL:080-9804-8029 
FAX:093-330-4131
(モバイルファックス)
 

■山口県議会議員
TOPへ戻る